釣行 太刀魚21[ 東京湾 ] タチウオテンヤがいろいろやばかった件@いなの丸

乗るしかないこのビッグウェーブに!今年東京湾でムーブメントになっている太刀魚テンヤ。なかなか手が出せないままでしたが、太刀魚テンヤおじさんことSHIMANO松本さんとご一緒出来ることになり今回初チャレンジ!連日好調の大津港・いなの丸さんにお邪魔してきました。


駆け引きも楽しく、竿を絞り込む良型に歓喜!

当日の状況


【2020/09/15 7:00-13:00 走水】

■状況
天候 晴
気温 22度→27度
表水温 ?度
潮汐 中潮 88cm→40cm→71cm
風 北北東3m→北北東2m

タックルなど


今回はリール自前で、ロッドは松本さんからサーベルマスターBB82MH180をお借りししました。



メインラインは1.5号、リーダーにフロロ8号をヒトヒロ程度、その先にバイトリーダーをフロロ18号で50cmくらいを電車結びで結束。直近のいなの丸さんの釣果を見ているとかなりサイズが良かったので相応の対応といった感じです。今回、餌の鰯は自分で手配しましたが、いなの丸さんでも販売しているとのことです。

序盤苦戦


釣座はなぜか右オオドモ。初心者に快適に釣ってもらおうという松本さんの配慮のようです。いやいや、ここは初心者が座っては行けないような気もしましたが、なんとなく押し切られて角へw

いなの丸さんは港を出たらもう走水。すぐにポイント着で開始です。水深は概ね65m前後で指示ダナはボトムちょい上から10m~15mくらいの幅。

一応YouTubeで忍姉さんを夜な夜な1週間見るという予習をしてきましたが、実践はやはり異なるもの。基本テクニックのストップ&ゴーから試しますがアタリが出ず。しかし朝のチャンスは逃したくないところ。

試行錯誤し1/2巻を試していると心優しいタチウオさんがワイのイワシをパクー!


うーん僥倖!



F4~の良い型ですが、普通サイズみたいな扱いされました草。

しかし、その後はしばし自分だけ沈黙。周りは釣れてますが、なかなかアタリだせずでションボリ。松本さんは掛けてますが結構バラしが多い模様。

自分はその後、電動スローに誘いを組み合わせる形でもう一本追加しサイズアップすることに成功しましたが…なかなかアタリだせず苦戦。


序盤は誘いも合わずに加え、テンヤ釣りがよくわからずで初めての釣りの苦しみを味わいました。誘いと駆け引きがこの釣りの面白さと聞いており、なんとか手掛かりを掴みたいところ。

潮替わり


状況が変わったのが干潮間際。サワラらしきなにかにラインを切られテンヤを変更したところこれが大当たり。

周囲の釣れてる状況を見て、誘いをデッドスローの巻きに合わせると同じレンジで連発。


しかもサイズはドラゴン級(F6~7)ばかり。


※↑松本さんの手ですw



テンヤはいずれもヤマシタの猛追タチウオテンヤ50号。頭切って使うタイプでシルエットがコンパクトになるのが特徴。カラーは定番の紫ゼブラグローでした。



おぼろげな記憶ですがこの時合いで4、5連発くらいで釣ったような。

時合いが終わった後、終盤は少し渋くなりましたが、何回か最初の流しで追加に成功。結果、想定外のつ抜けでフィニッシュ!


35Lクーラーでも二つ折りにせざるを得ない恵体どもがたくさん!

やべぇ(語彙力

家に帰ってあらためて測ったら最大124cmを頭に120cm超えが3本。


もちろん自分だけでなく、船中でドラゴン飛び交ってましたw


Yoshi船長のTweetで左上が松本さん、右上がワイくん。

というわけで、初のテンヤは運にも恵まれ出来過ぎな結果に。

アタリがダイレクトに出て目で楽しめ、誘いの駆け引きもありと趣のある釣り方、掛かれば大型と楽しめる要素がたくさんでした。これは今後も続けていきたいですね。

結果もあれですが、今回も松本さんと楽しく釣りさせてもらい感謝です。Yoshi船長もありがとうございました!

使用したタックル、他


▼タックル

自分で手配した鰯

▼船宿

 

釣行 太刀魚21[ 東京湾 ] タチウオテンヤがいろいろやばかった件@いなの丸 釣行 太刀魚21[ 東京湾 ] タチウオテンヤがいろいろやばかった件@いなの丸 Reviewed by TJA_11 on 9/23/2020 Rating: 5

0 件のコメント:




Powered by Blogger.