2019/09/05

釣行 サワラ5[ 湾奥 ] イナダ1本サワラは跳ねあるもアタリ遠し@林遊船

今回は直近でちらほら釣果のあがっていたボートでのキャスティングサワラ戦に!

林遊船さんからでこさんとしっぽり出撃。

当日の状況


【2019/09/01 07:00-14:00 湾奥】

■状況
天候 晴
気温 28度→30度
表水温 ?度
潮汐 中潮 203cm→27cm→56cm
風 北東2m→東北東3m

準備編


手持ちの中からいろいろルアーを選んだわけですが…

前年のパターンを踏襲して多分サゴシチューンしか投げない予感!

あと中古でロッドを一本追加。

いつもはシイラロッドでやってるんですが、長時間のキャストは中々だるいわけで…もう少しライトな感じでサブを追加した次第です。

当日はベタ凪


もろもろでこさんに手配いただき受付済ませいざ乗船。


当日の予報は風もなくベタ凪。


飲料水4L持って出撃です!

跳ねは多いけど


さて船は途中小規模鳥山を撃ちつつのんびりと南方向へ。

風の塔が近くなってくるといよいよサワラの跳ねが多くなってきました。

いよいよ船中ガチモード。

開始早々にでこさんが一発ゲットして盛り上がりますが、どうやら魚が分散しているのか単発。

以降もポロポロと上がりますがパッとしない展開。

え、ワイですか?

一切バイトがないよ!

日が高くなってくると


時間が経つにつれ跳ねも少なくなってきて…風もないので汗ダラダラでいささか苦行モード。

そうこうしているうちにでこさん2本目ゲット!

サゴシチューンのただ巻きで食った模様。

隣で同じことしているんですが、なぜかワイのルアーには食わない不思議。

正確にいうと2回バイトはあったんですが、重みが加わった瞬間にいずれもフックオフ。


なんだかリズムに乗れないままに残り時間が少なくなってきましたw

最後の鳥山で


いよいよ、船は北上し最終局面へ。

場所的にはすっかり湾奥!完全に湾奥!

もう終わりかなとうときに派手にナブラの起きている鳥山発見!

千載一遇のチャンスに船中のあぶれメンズがヒャッハー!

もちろんワイもヒャッハー!

ワンチャンものにして

東京湾奥  イナダ 林遊船

イナダー!
やったよ、ママン!

おっさん歓喜!

このナブラに救われたメンズはかなり多かったのではw

自分もすっかり気が高ぶってしまい持って帰るつもりのないイナダを脳天締めしてクーラーにポイー!

以降も少しチャンスありましたが、結局この1本でフィニッシュ!

サワラは釣れなかったけど、ホゲなくて良かった。

安堵と残念な気持ちが入り混じった複雑な心境で釣行を終えましたw

使用したタックル、他


▼タックル1
メジャークラフト(Major Craft) CRC-76ML
シマノ(SHIMANO) 13バイオマスターSW 5000XG
SHIMANO PITBULL4 2号 + ダイワ(Daiwa) ショックリーダー モアザン X'treme Type-F フロロカーボン 25m 12号 40lb クリアー

▼タックル2
APIA 風神丸 BS69ML-S
シマノ(SHIMANO) 13バイオマスターSW 4000XG
SHIMANO PITBULL4 1.5号 + ダイワ(Daiwa) ショックリーダー モアザン X'treme Type-F フロロカーボン 25m 12号 40lb クリアー

ヒットルアー:Jackson ピンテールサゴシチューン

ロスト:Jackson ピンテールサゴシチューン
本日拾ったごみ:なし

2019/09/02

釣行 太刀魚10[ 東京湾 ] 戦いは数じゃない@こなや丸

さて、前週に引き続きこなや丸さんからのタチウオジギング修行に行ってきました。

前回からの上積みを期待して勇んで出撃しましたが、敢え無く返り討ちにw

当日の状況


2019/08/30 7:00-14:00 東京湾】

■状況
天候 雨→曇
気温 24度→29度
表水温 ?度
潮汐 小潮 125cm→25cm→98cm
風 南西3m→南南西5m

前回の反省から


前回の同船者が調子のよかったジグを買い足し。

更にはバラシが多かったためフックを新調。


準備は万端のつもりでしたw


今週も荒天


はい、この日も荒天でした。


風はなんとかなりそうなレベルでしたが、富津沖に着くとお空がピカッと!

船長が安全を考慮して一時中断。

雨もまぁまぁ酷いレベルで振り続けて…

再開後船は小柴沖に


再開後は富津沖の反応がイマイチのようで、船は大きく移動して小柴沖に。

水深は20m前後、指示棚はボトムから2、3m。

ただ巻き中心に探っていくわけですが、巻きスピードが合わないのか中々バイト出せず。

周囲からだいぶ遅れて8時半くらいにようやくの1本目。

タチウオ 東京湾 こなや丸

ギリF3クラス。

この後もポツリポツリと追加しますがペースは上がらず。

ジグはとっかえひっかえ。

誘いのパターンもいろいろ試しますがハマらない時間が続き…

ちなみにその時の海況はこんな感じ。

東京湾 タチウオ こなや丸

ちょっとだけペース上がる


ようやくリズムが出てきたのが12時半くらいw

ジグに加えて巻きのスピードが合ってきたのか少しペースアップ。

タチウオ 東京湾 こなや丸

アタリの出る棚を把握してここから反撃か?!

が、しかーしここで悲劇発生。

ワイ将、ヒットジグをタコらしき輩に持っていかれる!

時合も過ぎたのかここから一気にペースダウン…

なんとか11本まで数伸ばしてフィニッシュ!

タチウオ 東京湾 こなや丸

F3ちうしん!

ちなみに竿頭の人に話を聞いたら

3つでローテやて…

戦いは数じゃないんやで!

使用したタックル、他


▼タックル1
シマノ(SHIMANO) サーベルチューン BB B66M
シマノ(SHIMANO) グラップラープレミアム 151XG
シマノ(SHIMANO) タナトル4 0.8号 300m + ダイワ(Daiwa) ショックリーダー モアザン X'treme Type-F フロロカーボン 25m 12号 40lb クリアー

▼タックル2
シマノ(SHIMANO) サーベルチューン BB B66L
シマノ(SHIMANO) グラップラーCT 151XG
シマノ(SHIMANO) タナトル4 0.8号 300m + ダイワ(Daiwa) ショックリーダー モアザン X'treme Type-F フロロカーボン 25m 12号 40lb クリアー

ヒットルアー:JACKALL アンチョビメタルタイプツー 100gACKALL アンチョビメタルタイプワン 130gTIEMCO オーシャンドミネーターフォーリングスペシャル 105gDAIWA 鏡牙 ベーシック 100gDAIWA 鏡牙 ベーシック 130g

ロスト:ジグ×2
本日拾ったごみ:なし


2019/08/28

釣行 クロダイ70[ 湾奥 ] 大型河川ボトムチニング1時間

ここのところ、クランキングチニングでサイズが出ないので…手ごたえのあるサイズが欲しくて久々大型河川にエントリ。

潮回りもあれで流れも微妙な感じでしたが、ひとまず1枚ゲット!

当日の状況


【2019/08/26 20:00-21:00 湾奥 大型河川】

■状況
天候 曇
気温 26度
表水温 ?度
潮汐 長潮 142㎝→144㎝
風 南4m

雨後の濁りに期待するも


現着して水色確認しましたが思いのほかクリア。

いつもならイナッコの気配がある水面もこの夜は静まり返っていました。

風もどこか涼し気で、虫の音色も秋の気配。

とりあえずそこそこサイズ1枚目標にスタート。

流れもないのでジグヘッドで


今回は1.8gのジグヘッドにワームの組み合わせで探ってみました。

牡蠣床を根掛かりしないレベルでうまく触りながらアプローチしてみましたが、おチヌさんからの反応は皆無。

でしたが…ようやく一か所で啄むようなアタリあり。

タイミングをはかってロッドを立ててフッキング。

東京湾奥 キビレ 東京湾奥 キビレ Chinu HEAD (チヌヘッド) SV-30 1/16oz.(1.8g)  + ジャッカル グッドミールクロー 1.5インチ

のせた時はあまり重みを感じませんでしたが、上がってきたら思いのほか良型でした。

東京湾奥 キビレ 東京湾奥 キビレ Chinu HEAD (チヌヘッド) SV-30 1/16oz.(1.8g)  + ジャッカル グッドミールクロー 1.5インチ

ギリギリ40㎝


元気にご帰還!

この後も少しやりましたが、気配なしだったので志の低いボクチンは1時間で納竿!

とりあえず釣れて良かったす。

使用したタックル、他


▼タックル
ダイワ(DAIWA)エメラルダス MX 86M
シマノ(SHIMANO) 12レアニウムCI4+ C2500
シマノ(SHIMANO) タナトル4 0.8号 + VARIVAS(バリバス) ショックリーダー シーバス フロロカーボン 22lb

ヒットルアー:Chinu HEAD (チヌヘッド) SV-30 1/16oz.(1.8g)  + ジャッカル グッドミールクロー 1.5インチ

ロスト:なし
本日拾ったごみ:なし

2019/08/26

釣行 太刀魚9[ 東京湾 ] 超浅場で苦戦のタチウオジギング@こなや丸

はい、今回や夏季休暇1日を使っての平日タチジギ最高ですね!と言いたいところでしたが…まず天候が最悪でした…

南西強風+雨で体力を削られる中、超浅場戦で苦戦してきました。

当日の状況


2019/08/23 7:00-14:00 東京湾】

■状況
天候 曇り時々雨
気温 27度→28度
表水温 ?度
潮汐 小潮 109cm→141cm→111cm
風 南南西7m→南南西8m→南南西6m

大荒れの出船


珍しく気合が入り前夜入りして札取り。

札は3番で案の定ミヨシとなりました。

大荒れのミヨシとか罰ゲーの予感しかない!


移動中トモに避難したものの飛沫を避け切れずびしょ濡れにw

超浅場に到着


出船して程なくして船はスローダウン。

まだ海堡は遥彼方ですが、どうやらここでやるみたい。

水深は15m前後、指示棚は10mくらいの超浅場戦開始ですが…

過去経験のない浅場に戸惑い、完全に出遅れ。

同船者がホイホイと釣りあげる中、鳴かず飛ばずの時間が続き…

ようやく1本手にしたものの

東京湾 タチウオ ジギング こなや丸

その後もサッパリで開始2時間で1本くらいだったような。

久々の地獄!吐きそうです!

なにかズレてる?


見かねた船長にもアドバイスをいただく。

「もっと早く巻いて!」

どうやら巻きスピードがあっておらずだめらしい。

しかしながら、以降巻きスピードを上げてもアタリが出ない…

レンジ?

とりあえず、かなり上まできっちりやってみると5mよりも上でヒット!

と、この時点でようやく正解に気づき反撃開始。

ジグも隣のお兄さんを参考にし、ようやくペースが上がってきました。

09:40時点でやっとこさこのくらい。

東京湾 タチウオ ジギング こなや丸

アタリジグは?


周りを観察してみると、好調の反対舷のお兄さんは赤ゴールド、もしくはオレンジゴールドのなにか。

隣のお兄さんはアンチョビタイプ2のピンクゼブラとグリーンのなにか。

とりあえず、手持ちのあるアンチョビタイプ2のピンクゼブラで合わせていくと安定してアタリが出せるように。

時折グリーン系をいれるとこれも効果的でした。

東京湾 タチウオ ジギング こなや丸

まぁ隣のお兄さんから教わったんやけどね!

形状的には水を受けると良く動くジグに反応が良さげなので、以降はひたすらその辺で押していくことに。


そしてなんとか最終的に26匹まで数を伸ばしてフィニッシュ!

サイズはF3主体でした。

竿頭は38本!お見事でした。

前半かなり苦戦しましたが、後半なんとか粘れたのが収穫といえば収穫。

初の超浅場戦ということで、なかなか学ぶもの多くでした。

今回も船長や同船の皆さまにも良くして頂いて楽しかったですわ。

そうそう隣のお兄さんはTwitterでフォローしてもらってる方でした。

またお会いしましたらよろしくどうぞ。

↓今回もまたTwitterで顔さらしましたw


使用したタックル、他


▼タックル1
シマノ(SHIMANO) サーベルチューン BB B66M
シマノ(SHIMANO) グラップラープレミアム 151XG
シマノ(SHIMANO) タナトル4 0.8号 300m + ダイワ(Daiwa) ショックリーダー モアザン X'treme Type-F フロロカーボン 25m 12号 40lb クリアー

▼タックル2
シマノ(SHIMANO) サーベルチューン BB B66L
シマノ(SHIMANO) グラップラーCT 151XG
シマノ(SHIMANO) タナトル4 0.8号 300m + ダイワ(Daiwa) ショックリーダー モアザン X'treme Type-F フロロカーボン 25m 12号 40lb クリアー

ヒットルアー:JACKALL アンチョビメタルタイプツー 100gTIEMCO オーシャンドミネーターフォーリングスペシャル 105gDAIWA 鏡牙 ベーシック 100gYOZURI ブランカ 100gCLUE BASE 160g

ロスト:ジグ×1
本日拾ったごみ:なし