2018/11/16

釣行 シーバス732[ 湾奥 ] ローリングベイトのフォールに良い反応

【2018/11/09‐10 22:30-1:00 湾奥】

■状況
天候 曇
気温 19度
表水温 ?度
潮汐 大潮→中潮 56cm→6cm→14cm
風 南5m

さてさて、本日も懲りずに行ってまいりました!
ナイトの湾奥シーバス大型河川ウェーディングプレイ。

3連夜目。

下流側で釣れている場所はあるんですが、今夜もオープンエリアで修行です。

気象情報では南5mですが、現地は弱風。

ポツポツ反応あり、いくつかバラしつつも最初のキャッチ。

シーバス 湾奥大型河川 SHIMANO サイレントアサシン99S

フッコサイズ。

10㎝クラスのミノーの巻きで反応が良さげな感じでした。

完全に風が落ちてベタ凪になると反応も落ちてボトム狙いに切り替え。

既にいる魚にスイッチいれたく、流しながらフォールで誘う作戦で…

アカエイ 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

厄介なお客様('A`)

前夜も掛けていたため一旦この方法は封印し、ミノーの巻きとシンペン流しに変更です。

すると手前のブレイクで魚の気配はあるもののセイゴの予感。

流石にこの時期はサイズが欲しいす。

ということで、この後は沖の回遊待ちに方針変更してひたすらフルキャスト。

このあと周囲もなにもない時間が続きましたが、やはりというか干潮間際に群れが回ってきたようで。

再開していた先ほどのローリングベイトのフォールでドスっと!

重量感からそれなりの大きさと判断して慎重にファイトしました。

シーバス 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

結局、エラ洗いなしでゲットw

間置かずして

シーバス 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

ギリフッコ。

シーバス 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

頭部にスレ掛かりですが60㎝クラスと良い感じ。

いずれもフォールでのヒットでした。

シーバス 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

更に追加でこちらも60㎝クラス。

これも背びれ付近へのヒットでこの夜はほとんどエラ洗いなくw

といった感じで、終了間際の時合で良いサイズが回ってきて救われました。

最初の魚は中々サイズだったので計測。



おそらく大台には届いてないだろうと思ってましたが、やっぱりないw

シーバス 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

それでもしっかりウェイトののったよい魚であることには違いなく、満足の釣行となりました。

ローリングベイトのフォール、渋いときの一手で毎年使ってきたメソッドです。

去年も良く掛けたんですがへたったロッドでフッキングが甘くバラシまくりでした…しかし、今年はロッド変更が吉とでて今のところはしっかりかかるようになりました。

この調子でさらなるサイズアップを狙いたいところです。



皆さまお疲れさまでした。

▼タックル1
シマノ(SHIMANO) DIALUNA S96M
シマノ(SHIMANO) 12 レアニウム CI4+ 4000XG
YGKよつあみ G-soul X8 アップグレード 1.2号(25lb) + クレハ(KUREHA) ハリス シーガー 船ハリス 5号

ヒットルアー:ポジドライブガレージ ジグザグベイト80TACKLE HOUSE ローリングベイト88SSS

ロスト:なし
本日拾ったごみ:なし
爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー

2018/11/14

釣行 シーバス731[ 湾奥 ] 雨の恩恵?すこし活性あがったような

【2018/11/08-09 21:30-0:30 湾奥】

■状況
天候 曇時々雨
気温 16度
表水温 ?度
潮汐 大潮 60cm→12cm→20cm
風 北北西3m

さてさて、本日も懲りずに行ってまいりました!
ナイトの湾奥シーバス大型河川ウェーディングプレイ。

現地で先行しているまこまこ氏、ゾーノ氏、むね氏、takuto氏、その他メーカーテスター陣と合流しミオ筋に展開です。

昨夜、大量にいたベイトは霧散していましたが、シーバスの反応は意外とあるようで…

割と早いタイミングで安堵の一本目。

シーバス 湾奥大型河川 ポジドライブガレージ ジグザグベイト80

手前のブレイクに着いていました。

しかし、この後はいつも通りの修行タイム。

1匹掛けはしましたが…

シーバス 湾奥大型河川 ノースクラフト エアーオグル70S

オグルと変わらないサイズのセイゴタソで草

しかもピントがガッツリあってて更に草

そんなこんなで必ず回遊があると信じてひたすら辛抱です…

状況が変わったのは潮どまり前、ローリングベイトのリフト&フォールに続けざまにバイトあり。

シーバス 湾奥大型河川 タックルハウス ローリングベイト88SSS

しかし、この後の良さげなサイズは追い合わせで抜け、更にクソでかいエイを掛けてヒットルアーをロスト。

それでもバイトは続きましたが、すべて抜けてしまい…その後もかなりの時間粘ったもののタイムアップとなりました。

最大50ちょい位が2本。

無念!

状況としては昨夜よりもサイズ落ちたものの活性はそれなり。

雨の恩恵があったかな。

また次回頑張りたいと思います。

▼タックル1
シマノ(SHIMANO) DIALUNA S96M
シマノ(SHIMANO) 12 レアニウム CI4+ 4000XG
YGKよつあみ G-soul X8 アップグレード 1.2号(25lb) + クレハ(KUREHA) ハリス シーガー 船ハリス 5号

ヒットルアー:ポジドライブガレージ ジグザグベイト80TACKLE HOUSE ローリングベイト88SSS

ロスト:ローリングベイト88SSS
本日拾ったごみ:なし
爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー

2018/11/12

釣行 シーバス730[ 湾奥 ] 困ったときはジグザグベイト

【2018/11/07 21:00-23:30 湾奥】

■状況
天候 晴
気温 17度
表水温 ?度
潮汐 大潮 65cm→21cm
風 北北東3m

さてさて、本日も懲りずに行ってまいりました!
ナイトの湾奥シーバス大型河川ウェーディングプレイ。

現地で先行しているまこまこ氏、ゾーノ氏、むね氏、takuto氏、お久ぶりのトトピー氏と合流しミオ筋に展開です。

表層とボトムにベイトも入り明暗よりではボイルもありで魚数多そうな雰囲気でしたが、この夜もサイズ求めてオープンエリアに向かいました。

しかし期待に反して激渋。

同調した風向きのせいか流れがかっ飛び過ぎてよろしくない感じ。

時折、周囲で良いサイズのエラ洗いが聞こえますが、ほんの一瞬のタイミングしかチャンスはないようで…

群れが回ってくるまで辛抱の時間が続きます。

1時間半ほど経過したところでようやくワンチャンゲット!



この夜もジグザグベイトのボトム這わせで救われました。



サイズは60㎝くらい。

しかし、チャンスはこれっきり。

ぎりぎりホゲ回避出来てラッキーでした。

他の面々もなかなか渋かったようで…

しかし出ればサイズはそこそこあるようで、次回に期待が持てる内容でした。

秋も深まりつつあるような印象。

皆さまお疲れさまでした。

▼タックル1
シマノ(SHIMANO) DIALUNA S96M
シマノ(SHIMANO) 12 レアニウム CI4+ 4000XG
YGKよつあみ G-soul X8 アップグレード 1.2号(25lb) + クレハ(KUREHA) ハリス シーガー 船ハリス 5号

ヒットルアー:ポジドライブガレージ ジグザグベイト80

ロスト:なし
本日拾ったごみ:なし
爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー

2018/11/09

釣行 ヒラメ1[ 外房 ] イワシ泳がせLTヒラメに初挑戦@二三丸

【2018/11/04 6:00-11:30 外房】

■状況
天候 曇
気温 11度→20度
表水温 ?度
潮位 中潮 67cm→50cm→116cm
風 北北西1m→北2m

さて今回はオカズ船長にお誘いいただきはるばる外房に遠征。
LTタックルで泳がせのヒラメ釣りです。
※オカズ船長もろもろご手配ありがとうございました

片貝・二三丸さんにお世話になりました。



事前の調べでは二三丸さんのLTヒラメはエンジン流しで軽いオモリ(40号)を使うのが特徴でエダスも短めとのこと。

参照:釣りビジョン 千葉県・片貝沖の“夏ビラメ”、船中95匹大爆釣!!!

実釣前に船長からレクチャーありで初心者にはありがたし。

主に餌のつけ方、タナの取り方などなど、完全には消化してませんが肝は頭に叩き込んでいざ出船です。

開始時間に決まりがあるらしく、その時間に合わせて船はゆっくりと。

航程約40分くらいでポイント到着し、6時になっていざ開始です。

餌は支給されたマイワシです。



裂波サイズでやや大きめ?

さて実釣のほうはというと、開始からオカズ船長絶好調でカンパチ、ヒラメをほいほい。

自分はタナとり、取り直し、誘いなどがはまらずというかわからず序盤苦戦。

やや出遅れてましたがなんとか1枚目。

外房 ヒラメ 二三丸 イワシ泳がせ

ぼちぼちサイズ。

アタリがあってから送り込み、引き込みからの聞き合わせ、からの~本合わせ & 不慣れな電動リールの巻き上げなどなど、ひとまず無難にこなせてひと安心。

というか、ホゲなくて良かったε-(´∀`*)ホッ

その後も飽きない程度にアタリあり。

外房 ヒラメ 二三丸 イワシ泳がせ

2枚目からは少し落ち着いてやり取り出来ました。

つーか、他の魚でもそうですが、ヒラメのかたまっているエリアに入ると船中あちこちで竿が曲がる感じですかね。

居ないところはサッパリといった感じ。


途中、好調のオカズ船長からタナと誘いとコツを教えてもらうと自分も反応が増えだし良い感じで追加出来ました。

外房 ヒラメ 二三丸 イワシ泳がせ

食いも深いですなぁ。

外房 ヒラメ 二三丸 イワシ泳がせ

といった感じで、初めてだったものの何とかそれなりに格好がつきました。



ちなみにオカズ船長は9枚で竿頭!

釣り上手すぎワロタ!

今回初めてオカズ船長と乗合船ご一緒させてもらいましたが脱帽でしたw

その他竿を貸してもらったり、船宿手配してもらったりで感謝です。

ありがとうとございました。

二三丸の船長も最初ちょっとおっかない人かと思いましたが良いかたでした。

ありがとうございました。

太平洋オカズ倶楽部またやり魔性!

▼タックル1
オカズ船長から借りたロッド
シマノ(SHIMANO) 電動リール 16 プレイズ 400
シマノ(SHIMANO) タナトル4 2号 300m + 二三丸オリジナル仕掛け
小田原オモリ40号

ロスト:なし
本日拾ったごみ:なし
爆釣速報
GyoNetBlog ランキングバナー