2014/03/26

インプレ JACKALL Seira Minnow(セイラミノー) 70S



またまた、インプレだよ!今回はこの時期重宝するセイラミノー70S。
若干、シーバス釣りの王道から外れた感がありますがね( ´,_ゝ`)フヒヒ


【メーカー説明】
『投げて巻くだけ』で誰もが圧倒的な釣果を叩き出せる、i字系ミノー『セイラミノー』。
水面下での直線軌道がバスの本能を強烈に刺激します。
パラシュートフックやハイドロホールなど『動かない』ための多くの工夫がされています。

ジャッカル(JACKALL) セイラミノー70Sジャッカル(JACKALL) セイラミノー70S






JACKALLメーカーページ

開発秘話 ※加藤誠司さんのオフィシャルサイト

スイム動画 ※多分Fの方だと思います。



【インプレ】
元々山木一人さんが、クリアレイクでワカサギを意識しているブラックバスを狙うために、
自身で使っていたルアーを加藤誠司さんが量産化したものです。

ルアーのアクションはなく、いわゆるi字系。
表層をタダ巻きで使用し、ボトムの魚をコールアップして喰わせるイメージです。

メーカーページに詳しく説明があるのですが、姿勢とレンジを保持するために、
口のところに穴が開いていて水を取り込みエラから出す仕組みがあります。
加えてリアフックにパラシュートを装着しています。

んで、これ自分はシーバスに使ってます
バチシーズンにすごく強いルアーです。
ホゲ回避にもってこい(゚∀゚)アヒャ

具体的にどんな状況で使っているかというと、
表層のバチを意識している魚を狙っているが…

・エリ10やナイトレイドで反応がイマイチなとき
・でも、ワンダースリム70より上のレンジをゆっくり引きたいとき

例えば、自分が通っているテトラ帯は潮位が低くなるとブレイクの上が水深膝下位になります。
特に下げの時にこのブレイクの裏側に魚が付く傾向があり、
活性の高い時には、表層のルアーで問題ないのですが、
イマイチの時や、周りが表層のルアーで攻めていて見切られているときに使用します。

開発秘話にもある通り、淡水の細号数のフロロ使用で水面下7cmを狙っているとのことなので、
海水でPEをメインラインで使用した場合には更に上のレンジをトレースすることとなります。

i字系の特徴というよりも、水面下の微妙なレンジを狙うのに使用するイメージです。
ですので、後にも触れますがパラシュートフックには特にこだわっておらずです。

70Sで3.9gなので全然飛ばないです(笑)
近距離戦用ですね。
バチ用かLクラスのロッドでどうぞ~。

サイズも選べませんので悪しからず。
取り敢えずホゲたくないときに、これを投げ続けると幸せになれるかも~。

ちなみにシーバス用で80Sもあります~。
こちらもよく釣れますね。

【改造】
フックは淡水用としては錆びにくいですが、やはり替えたほうが…
自分はRBMHの#10か#8に変更してます。
#8のほうがフック重量で多少レンジがはいる感じですかね。
といっても数cmだと思いますが…

パラシュートフックは…
そもそもバチ意識してる魚ってスイム姿勢とか特に問題でないような。
フックの別売りもありますが、シーバスの場合、まぁそこまでは必要ないかな
って感じです。

セイラミノーを使用しての釣行記はこちらからどうぞ~
セイラミノー釣行まとめ

↓その他のルアーインプレはこちらから
ルアーインプレ



爆釣速報

2 件のコメント:

  1. フムフム、めちゃ勉強になりました~(^.^)!!
    激戦区のスレ対策にも良さそうですね。
    試しに使ってみようかな~♪

    返信削除
  2. ▽ごんずい博士 さん

    またもやお恥ずかし系のログ放出してしまいました\(-o-)/

    アフィ貼っといてなんですが、TBのバスコーナーでもよく見かけるので、
    とりあえず中古でお試しが良いのではと思います~(^O^)

    返信削除